毒草一覧次の花
キツネノマゴ


畑や草むらにフツーに生えている一年草です。花序の伸びた感じが狐の尻尾に似ているところからこの名が付きました。秋口に白や淡紅色の小さな花を咲かせます。若菜はゆでで食用にもされているので「毒草」とは言いきれませんが、「魚毒」ではあります。


毒草名  キツネノマゴ
学 名  Justicia procumbens LINN. var. leucantha HONDA
特 性  キツネノマゴ科 キツネノマゴ属、小狐コンコン一年草
花 期  8〜10月
毒部位  全草
成 分  ユスチシン、イソユスチシン
症 状  魚毒


  

この穂が狐の尾に似ている。そして小さな孫サイズので「狐の孫」となりました。




花が小さいのであまり感じませんが、かなりまとまって群生しています。




この花を見る頃には、夏の暑さも穏やかになってきています。


  

≪MEMO≫
・小狐(こぎつね)
 ------------------------
 小狐コンコン山の中 山の中
 草の実つぶしてお化粧したり
 もみじのかんざしつげのくし

 小狐コンコン冬の山 冬の山
 枯葉の着物じゃぬうにもぬえず
 きれいなもようの花もなし

 小狐コンコン穴の中 穴の中
 大きな尻尾はじゃまにはなるし
 小首をかしげてかんがえる
 ------------------------
 勝承夫:作詞、ドイツ民謡
・狐の曾孫→玄孫(やしゃご)→来孫(らいそん)→昆孫(こんそん)→仍孫(じょうそん)→雲孫(うんそん)


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS